ペニス増大サプリおすすめランキング!本当に効果がある商品とは?

男性の多くは自分のペニスのサイズに対して不安に思ったり、疑問に思ったことがあります。中には自分のペニスが小さくてコンプレックスになってしまうような方もいるでしょう。

そんな男性の悩みを解決に導いてくれるのが「ペニス増大サプリ」です。しかし現在は多くのブランドやメーカーから増大サプリは登場してきています。安い価格のものから高いものまで値段だけでもかなり幅は広いでしょう。

また安い増大サプリは効果がないのではないか?と思ったりもしますよね。せっかくサプリを飲んでいても効果がなくては意味がありません。後悔しないために増大サプリの正しい選び方や、違いを把握しておきましょう。

サプリメントとしての増大効果は?

ペニス増大医薬品よりも副作用がなく、ペニス増大に効果的なサプリメントですが実際に得られる効果はどんなものがあるのでしょうか?

基本的にサプリメントでは勃起力の向上や性欲アップが望めます。即効性はありませんが、毎日コツコツ飲み続けることで次第にペニスの機能が向上していくのです。

また含まれている成分として定番のシトルリンは、血流を改善させペニスに流れる血液の量を増やしてくれる効果があります。日常的に摂取することで徐々にペニスの増大が目指せるのです。

そのほかアルギニンという成分には、男性ホルモンを分泌させてくれる効果があり、男性としての機能を向上させます。継続させる必要がありますが、根本的なサイズアップをめざすならば医薬品よりもペニス増大サプリの方がおすすめです。

サプリは健康をサポートしてくれる

増大サプリは商品によって配合される成分は異なりますが、ペニスの増大と並行してリラックス効果などの健康をサポートしてくれるものがあります。そのほか性欲アップや精子の質向上などの効果が得られるのです。

メインの効果はペニスの増大ですが、それに加えて健康をサポートしてくれるのは嬉しいポイントでしょう。健康的に導くことで男性機能の健康をめざすのです。

ペニス増大サプリの正しい選び方

ペニス増大サプリを選ぶ際には値段だけで判断してはいけません。安いだけで選んでしまっては、効果が得られなかったり安全性が保障されないなど自分が損をしてしまう可能性があります。購入を考えている方は是非以下の部分に着目して選んでください。

  • 知名度や実績
  • 配合されている成分と配合量
  • 信頼の国内製造

価格以外で選ぶポイントは知名度と実績です。人気なメーカーであれば多くの口コミが寄せられるものですし、注目度が高い分実績に嘘を記載できません。製造工程やこれまで取った賞なども明記されていることがほとんどです。

実際に使っている方や試してみた方の声を聞くことができれば、信用もできますよね。そのほか最近ではSNSが発展してきていますから、TwitterやInstagram等で検索すれば口コミみがたくさん出てくるでしょう。

知名度が高いブランドはPR活動にも力を入れていますし、信頼のできる情報をしっかりと発信してくれています。ある程度大手のブランドやメーカーを選ぶのが大切ですよ。無名なメーカーの場合製造元さえ明記されていないことがあります。

配合されている成分やその配合量にも目を向けてください。間違えやすいのが記載されている数値が1粒に配合されている量ではない場合があります。原料生換算で明記されている場合は実際その数値が配合されているというわけではありません。

原料生換算とは製造するためにどれくらいの重さのサプリを使っているかどうか、であり〇〇成分換算と明記されていれば成分そのものの量であると判断できます。かなり間違えやすい部分ですので注意しましょう。

またペニス増大サプリでは主に「L-アルギニン」と「L-シトルリン」この2つの成分がどの程度配合されているかを見てください。どちらもペニスの増大には欠かせません。

そのほかの成分は商品によってかなり左右されますが、スッポンやコブラなどの動物系成分が配合されてると、男性の機能向上が目指せますからおすすめです。

増大サプリを選ぶ際には、国産であることにこだわってください。日本で売られていても製造元は海外だったなんてこともあります。

日本の安全な工場で、厳重な管理がなされていることが証明できる商品やメーカーがいいでしょう。毎日体に取り込むものですから、安全であることが最優先です。製造元が信頼できないものは思わぬトラブルに繋がりかねませんから注意が必要となります。

また国内製造がおすすめの理由としては、日本人の体質に合わせて製造されていますから副作用などの心配もないことです。

おすすめのペニス増大サプリランキング

手軽で簡単、継続もしやすいのが、増大サプリで短小を改善する方法です。

増大サプリのメリットは3つあります。

  • 飲むだけなので簡単
  • 継続しやすい
  • 身体に負担が少ない

対して、デメリットも3つです。

  • 継続して金銭的負担がある
  • 体質に合わないこともある
  • 即効性はない

増大サプリは食品のくくりであり、医薬品ではないため即効性はありません

しかし毎日決まった時間に飲むことを習慣化させることが出来れば、放置しておいてもペニス増大に必要な栄養素が取れるため、徐々に効果が現れます。

忙しくてちんトレなどの自助努力をする暇はないとか、手術は怖くて嫌だ、という方にはおすすめの短小改善方法です。

増大サプリを始めてみよう、という方は、以下の点に注意して商品を選んでください。

  • 国産
  • 返金保証がある
  • 価格が1万円から1万5000の間

この3点を守れば、副作用もなく効果を期待できるはずです

「増大サプリでは包茎は改善しない」と最初に述べましたが、軽度の仮性包茎であれば快方に向かうことはできます。
増大サプリによってペニスが増大すると、包皮が余らなくなり、カリを覆うことができなくなるからです。
カリやサオを増大させて包茎を治す手術がありますが、これは増大サプリと同じ原理なんですよ。

増大サプリでペニスを大きくして、仮性包茎が治る方に賭けてみたい!

という方もいるかもしれません。
たしかに、ペニスが増大して包茎が改善したら一石二鳥ですよね。
しかし、デメリットも存在します。

増大サプリのメリットとデメリット
メリット ・ペニスが増大して包茎が快方に向かう可能性がある
デメリット ・ペニス増大までに時間がかかる
・添加物ばかりの粗悪品が出回っている

増大サプリの注意点は、ペニス増大までに時間かかかること増大効果の得られない添加物ばかりの悪質な製品がネット上で出回っていること。
効果のない増大サプリに、多くのお金をつぎ込みたくはありませんよね。
そこで次の項では、効果のある増大サプリの選び方3つをご紹介していきます。

安い市販されているサプリメントとの違い

ドラッグストアなどでも男性向けのサプリメントは見受けられます。また通販のものよりは市販されている商品の方が安い傾向にあるのです。しかし市販されている安いサプリメントは、通販の増大サプリと違っています。

市販されている多くは、ペニスの増大効果ではなく精力剤、つまり勃起サポート効果がメインとなっているのです。勃起をサポートすることでセックスの場面でも自信を持てるようにと作られています。

精力剤を飲み続けたとしても、ペニスそのものが増大するわけではありません。パッケージなどを良く見てみると疲労回復や精力促進などの効果が記載されています。ペニス増大サプリと同じような成分が配合されていることもありますが、市販されたもののほとんどは配合量も少なくあまり効果が現れません。

あくまでも体をリラックスさせたり、精力をアップさせる効果がメインとなっているのでメーカーから直接販売されている増大サプリとは異なるのです。

ペニス増大サプリの注意点

海外で発売されている増大サプリは日本のものより安いものもあります。しかし安いという理由で海外製品を選ぶのはとても危険です。主な理由は以下の3つです。

  • 医薬成分が含まれている
  • 副作用の危険性
  • 日本人向けではない

医薬成分

海外の増大サプリでは、医薬成分が配合されていることがあります。日本では医薬成分が配合されているサプリメントは販売できません。海外では許されていても、日本では副作用や健康被害の危険性があるなどの理由から、医薬成分が配合されたものは許可されていないのです。

日本のサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬成分は含まれていませんが海外のものはそうとは限りません。厚生労働省のホームページでは輸入された商品で健康被害が報告されたものを記載しています。

シルデナフィル
国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されております。なお、承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。
適応 :勃起不全
副作用 :血管拡張、頭痛、動悸等
添付文書上の警告: 高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下げることがあるのでご注意下さい。

厚生労働省『医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について』

副作用

上記でも触れましたが、海外品を選ぶと副作用が起こってしまう危険性があります。医薬成分が健康被害を与えてしまったり、他の薬との飲み合わせが悪くトラブルに発展してしまうことも考えられるのです。

せっかくペニス増大サプリを購入して効果を期待したのに、副作用が起こってしまっては意味がありません。体調を壊してしまうなんて、損以外の何物でもありませんから注意が必要です。

安全性

国産のものを選ぶ理由としてもありましたが、海外のサプリメントは日本人向けに作られていません。当然ですが、自国の人が飲むように開発されているわけです。

日本のサプリメントは日本人の体質向けに製造されているので、効果が現れますし副作用だって起こりません。安いからと安易に海外製品に手を出して、体質に合わないこともあるのです。

ペニス増大サプリの効果を上げるには

ちんトレはペニスをマッサージして血流を促進し、ペニスを作る海綿体を成長させる方法です。

海綿体は毛細血管が集まったスポンジ状の組織で、そこに血が大量に流れ込むことでペニスは膨張して大きく、長く、硬くなります。

普段からちんトレをして血流を良くしておくことで、ペニスそのものを大きくするのが目的です。

人気のちんトレには「ジェルキング」と「ミルキング」があります。それぞれのやり方を紹介しましょう。

ジェルキングのやり方と注意点

  1. ペニスを温め半勃起状態にする
  2. ペニスにローションを塗る
  3. 利き手の人差し指と親指で輪を作り、ペニスの根元を掴む
  4. そのまま亀頭の先へ向かって指の輪を滑らせる
  5. 亀頭に達したら、反対の手で同じことをする
  6. 以上を5分ほど繰り返す
  • 必ずローションを使う
  • 強く握らない
  • 射精をしたくなったら途中で止める
  • マッサージを終了する時には必ず射精する

途中で射精をしてしまうとマッサージ効果がなくなりますので、興奮してきたと思ったら手を止めて気持ちを静めましょう。しかし、我慢をして終わってしまうと逆射精の危険性がありますので、必ず最後は射精で終わって下さい。

ミルキングのやり方と注意点

  1. ペニスを温めて半勃起状態にする
  2. 左手の指で輪を作り、ペニスの根元を抑える
  3. 右手で、小指、薬指、中指、人差し指、親指の順番でゆっくりとペニスを握っていく
  4. その状態で10秒ほどキープする
  5. 上記を1セットとして、10セットを目安にする
  • フル勃起状態で行わない
  • 強く握らない
  • 30秒以上はしない

こちらもジェルキングと同じく、途中で射精したくなったら手を止めましょう。また、フル勃起状態ではペニス全体の血を亀頭に送ることが出来ないため、半勃起でマッサージしてください。

まだ大丈夫だからといって30秒以上してしまうと、亀頭が内出血してしまう恐れがあります。気を付けてください。

ペニスに十分な血を送るためには、下半身の筋肉を鍛えてスムーズに血を送る必要があります。

おすすめなのはスクワットです。

人間の下半身には大きな筋肉が集まっており、スクワットをすればここを効率よく鍛えることが出来ます。

また、筋トレをした時に男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンはペニス増大には欠かせないホルモンですので、その意味からもスクワットは日常に取り入れてください。

食生活が乱れていては、ペニス増大に必要な栄養素はおろか、心身を健康に保つことは出来ません。

ペニス増大に必要な成分は、食品からも摂ることは可能です。肉類・魚類・大豆類には短小ペニスの改善に役立つ栄養素が豊富です。

日本人の体質を考えると、やはり出来れば和食を中心に摂り、炭水化物は控えめにして良質なタンパク質をとりましょう。

1日に水は1.5リットル飲む、決まった時間に食事をする、などを実行していく内に、ホルモンバランスも整ってきますよ。

もしもあなたが真性包茎・カントン包茎などの重度の包茎であれば、手術による治療方法もあります。

手術には、亀頭にかぶさっている皮を切って縫い付けるものや、亀頭に薬剤を注入して大きくするものなど色々な種類があります。

また、重度の包茎と認められた場合には、健康保険も適用されることもあります。

以下に代表的な包茎手術を紹介しておきましょう。

環状切開術 保険適用の場合あり 約7000円~
亀頭直下埋没法 自費治療 約15万円~

環状切開術は皮をペニスに沿って輪状に切り、縫い付ける手術です。保険適用で安くできますが、見た目は重視されませんので傷跡が目立ちます

亀頭直下埋没法は、環状切開術とほぼ同じですが、皮を亀頭のすぐ下で縫い付けるために見た目が自然です。人気もあり、安全度も高い手術です。

重度の包茎の場合にはこれら手術での治療も必要ですが、もし仮性包茎であれば、少し慎重に検討しましょう。

手術はメスを使わないものもありますが、やはり他の方法に比べるとリスクは高いです。手術によって亀頭に血が行かなくなって細胞が壊死してしまった例や、注入した薬剤が体内で漏れて死亡に至った例もあります。

そして、手術をすると効果はすぐに出ますが、術後しばらくは入浴や性行為が禁止されるなど、条件も多々あります。

クリニックや医師の腕によるところも多いので、手術を検討する場合にはリスクを理解し、熟練の腕を持つ医師を探しましょう。

まとめ

ペニス増大サプリはたくさんの商品が販売されていますが、安いだけで判断するのはやめましょう。もちろん自分の経済力と合ったものを選ぶのは重要です。

しかし安すぎるものは効果が得られない可能性がありますし、海外製品を選ぶと体調を崩してしまう危険性も考えられます。値段だけではなく成分や口コミなどしっかりとチェックして効果が出るものを選んでくださいね。

短小ペニスには様々な原因がありますが、成長期が終わってからでも改善する方法はあります。

筋トレで下半身の血流をスムーズにして、ちんトレでペニスを大きくさせ、増大サプリで栄養を補いましょう。

並行して同時に取り入れるのが好ましいですが、金銭的・時間的に難しいのであれば出来ることだけでも構いません。

ちんトレや増大サプリは包茎改善にも効果が期待できます。手術を望む場合には、リスクを頭に入れた上で慎重にクリニックを選んでください。

時間がかかっても、必ず改善できます。1年後に明るいセックスライフを堪能する自分を思い描いて、是非トライしてください。