青汁を作ってみよう!作り方を知って自分だけの青汁を飲もう!

最近人気の青汁は本当に様々なところで販売されています。スーパーマーケットやドラックストア等、目にしなことはないのではないでしょうか。

粉末タイプやサプリ等、数々の種類はありますが、やっぱり手作りしてみたい、そんなことを思った方もいるでしょう。

ですが、青汁の中身にはいったいどんなものを入れていけばよいのでしょうか。野菜といってもたくさんの種類がありますし、青汁にするにあたり相性もあるかもしれません。

今回は手作り青汁について調べてみました。

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

手作り青汁のメリット

市販の青汁がある中で、オリジナルの青汁をつくるメリットはいったいどこにあるのでしょうか。

それは、自分自身が好きな野菜を好きなようにブレンドできるというところ。市販されている青汁にも数種類の野菜がブレンドされていますが、オリジナルで作ればさらに多い種類の野菜をブレンドすることが可能です。

また、大量に作ることもできるので、飲むだけではなく料理のアクセントとして使うことも可能になります。

安く作ることが出来るのも、手作りだからの魅力でしょう。市販の青汁はすごく高いわけでもありませんが、オリジナルで作成すればさらにコストを安く済ませることが可能です。

 手作り青汁はこんなに簡単

でも、青汁をつくるのなんて難しそう。そう思ってはいませんか?青汁は本当に簡単にできるので、調理が苦手な方でもすぐに作ることが可能です。

まずは青汁にしたい野菜を綺麗に洗いましょう。洗い終わったら野菜を一口大に切ります。普段調理する時に皮をむく野菜であっても、青汁では皮をむかないで置くのがベター。

野菜の栄養成分は、皮のすぐ下に含まれていることが多いので可能な限り皮は残しておきましょう。

切った野菜をミキサーにかけ、舌触りが良くなるように濾せばオリジナル青汁の完成です。

あとは自分好みの味になるようにはちみつなどでアレンジをしていきましょう。

 手作り青汁、オススメ食材

手作り青汁にルールはありません。その為好きな野菜を好きなだけ入れて作ればそれで出来上がり。しかし、その中でも比較的オススメの野菜は小松菜です。

小松菜はスーパーなどでいつでも買える為、オリジナル青汁の強い味方になってくれます。また、バナナやキウイなどのフルーツを入れても果物の甘みで飲みやすい青汁にすることが出来ます。

色々な野菜や果物を試して、自分だけの美味しいオリジナル青汁を作ってみましょう。

b0b323d5381f2ab0fd9de6785bbdd983_s

 まとめ

青汁を作ってみよう!作り方を知って自分だけの青汁を飲もう!の記事はいかがでしたか?

野菜とミキサーがあれば、それだけでオリジナルの青汁をつくることが出来ます。野菜な苦手な小さな子供たちも、自分で作ったオリジナル青汁であれば美味しく青汁を飲むことが出来るかもしれません。

また親子のコミュニケーションツールとして利用してみるのもいいかもしれません。また、使う材料によって青汁の効能も違ってきます。

ダイエットや美肌効果など、自分が欲しい効能に合わせて材料をセレクトしてみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です